両手で弾く難しさ


子供の頃の自分がどうだったのか、全く記憶にないのですが、多分、いやきっと苦労したのではないかと思います。両手で別々の音を弾くこと。

ピアノは何段階にも渡って、壁にぶつかります。

そのたびに、ちょっと嫌になるんですけど、ここを乗り越えればもっともっと上手に弾けるようになるんですよね。

何より弾いてる生徒さん達が一番辛くなる時なので、いろんな方法を試したり、弾けることの楽しさを伝えたりして、自分のペースで壁をいっぱい超えていってほしいなと思います(^_^)/

そんな子供の頃に、友達が弾いていて弾いてみたかった曲集を購入。

YAMAHAさんのお得な「ピアノ指導者の会」というのに入りました。もっと前から知ってたら、もっとお得だったなぁ、と嘆いております。

10月のリトミックコンサートで使うかも・・・。

早く指を治して、バリバリ弾かなくては。



28回の閲覧

最新記事

すべて表示

コンクール

昨日ピティナ・ピアノコンペティションの予選に生徒さんが挑戦。 いつもよりもいい演奏が出来て、本人もとても楽しめたようなので、本当に良かったのですが、結果は次のステップに行くことができませんでした。 ちょうど定休日ということもあり、その部門のほとんどの演奏を聴いたのですが、力で弾くお子さんも多くて、指が壊れないかちょっと心配に。 いろんな弾き方があるとは思うのですが、小さい体や指に無理のないように、

ピティナ・ピアノコンペティション

以前、近くのホールで行われていた特級を聴きに行ったことはあるけれど、子供の部門を聴く事は、自分が参加していた時以来…何十年ぶりかしら。 参加していた時は、他の人の演奏を真剣に聴いてなかったし、聴く余裕もなかったので、大人になってじっくりと改めて聴くと、いろいろ発見もあったり、いろいろと思うこともあったりの楽しい時間でした。 音楽の道に進むつもりがなくても、他人のパフォーマンスを静かに聴く事や、頑張

←LINE友達登録はこちら

​ イベント情報等お届けします

調布・世田谷・東京

ピアノサロン ピアノスタジオ ピアノ教室

「奏音の小箱(かのんのこばこ)」

東京都調布市入間町1-36-71-1F

営業時間 10:00~21:00

※時間外利用はお問い合わせください

​定休日 火曜日

Tel: 03-6750-2902

canonnokobako@gmail.com

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon

Copyright (C) 2016canonnokobako. All Rights Reserved.